世界連邦

プライバシーポリシー
世界連邦イメージ

活動

世界連邦宣言自治体全国協議会では、宣言・加盟自治体の活動を促進するため、主な取り組みとして次の事業を展開しています。

(1) 情報・啓発資料の提供
機関紙『自治体協新聞』の作製・発行、世界連邦運動協会『Newsletter』の配布など。
(2) 自治体職員募金運動
世界平和と難民救済のための自治体職員1人100円募金への協力を宣言や協議会加盟の有無にかかわらず全国の自治体に呼びかけ、数百万円に上る善意をUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とユニセフに寄託しています。平成22年度は両機関を通じて東日本大震災の被災地に送られました。
(3) 会議の開催等
理事会、総会を開いて情報交換や研修を行っています。
(4) 各種大会等への参画
世界連邦推進日本協議会の構成団体として、同協議会主催の「世界連邦日本大会」に参画しています。
(5) 各種事業の後援
世界連邦運動協会が実施する「世界連邦推進全国小・中学生ポスター・作文コンクール」を後援。
また、加盟自治体が実施する世界連邦推進事業に対する交付金制度も新設するなどし、運動の活性化を図っています。

加盟自治体の活動

(平成29年度の事例の一部)

天童市(山形県)
▽自治体職員1人100円募金=2月〜3月

成田市(千葉県)
▽折り鶴平和プロジェクト=6月1日〜11月5日
▽広島・長崎被爆写真展=7月23日〜8月7日、8月8日〜16日
▽平和都市宣言懸垂幕掲示=7月31日〜8月16日
▽平和座談会「戦争体験者に聴く」=8月10日
▽黙とうの呼びかけ=8月15日
▽折り鶴平和使節団派遣事業(中学生が長崎を訪問し、平和祈念式典に参列)=8月7日〜9日、11月5日(報告会)
▽平和映画会=8月26日、11月19日
▽視察研修(筑波海軍航空隊記念館)=2月7日
▽自治体職員1人100円募金=2月8日〜21日
▽平和映画会と戦争体験講話=11月10日、27日、28日、12月13日、2月14日、20日

千代田区(東京都)
▽区民国際平和交流=メキシコ9月19日、チュニジア3月12日〜22日
▽平和使節団の派遣=7月25日〜8月10日(沖縄・鹿児島)、8月5日〜7日(広島)、8月8日〜10日(長崎)
▽千代田区戦没者追悼式=7月13日
▽区民参加の海外事情調査=12月10日〜17日
▽地球市民講座=11月1日、8日、21日、2月7日
▽夏の平和イベント=8月3日〜13日(展示会)、8月6日(イベント)
▽春の平和イベント=2月23日〜3月4日(展示会)、3月2日(映画上映会)
▽国際交流・協力展示会=9月7日〜14日
▽自治体職員1人100円募金=2月9日〜3月2日

台東区(東京都)
▽中学生広島派遣=8月5日〜7日
▽平和に関するパネル展(東京大空襲・被爆の実相を中心とした写真パネル・実物資料等を展示)=8月14日〜18日
▽台東区平和史跡マップの発行=2月
▽東京大空襲資料展=3月9日〜12日

渋谷区(東京都)
▽黙とうの呼びかけ=8月9日(原爆死没者の慰霊及び平和祈念)、8月15日(全国戦没者追悼式)、3月10日(東京都平和の日)
▽平和・国際都市・渋谷の日=8月29日(講演会)、10月1日(施設等無料開放・啓発活動)、11月4日・5日(渋谷区くみんフェスティバルで啓発テント設置)
▽自治体職員1人100円募金=2月26日〜3月9日
▽平和祈念事業パネル展=3月7日〜14日

豊島区(東京都)
▽憲法週間パネル展(非核平和や核実験抗議、城北大空襲)=4月28日〜5月30日
▽非核都市宣言35周年展(講演会、丸木美術館の作品、戦時下の資料、非核平和関連パネル)=7月2日〜6日
▽広島平和記念式典中学生派遣事業=8月5日〜6日
▽平和祈念の黙とう=8月6日、9日、15日、3月10日、11日
▽非核都市宣言35周年記念誌の発行=3月(配布)

八王子市(東京都)
▽平和展[八王子空襲に関する写真パネル・戦災資料展示・原爆資料展示・世界の紛争の写真パネルの展示、平和クイズラリー、語り部・紙芝居、市内小中学生による「平和」の絵展示=7月29日〜8月2日
▽平和講演会=7月30日
▽黙とうの呼びかけ=8月15日(終戦記念日)、3月9日(東京都平和の日)

武蔵野市(東京都)
▽憲法月間記念行事(書道・絵葉書の募集・表彰・展示、講演会、横断幕掲出)=5月20日
▽夏季平和事業「戦争も核もない世界を武蔵野から」(写真パネル展、映画上映、絵本の読み聞かせ、戦争関連資料展示)=8月1日〜31日
▽青少年平和交流派遣事業(長崎市)=6月15日〜7月24日(事前学習会)、8月8日〜10日(派遣)
▽平和の日イベント「戦争も核もない世界を武蔵野から」(武蔵野空襲パネル展、横断幕掲出、ミニミニ空襲パネル展、ミニトピックス設置、平和啓発DVD上映、武蔵野の空襲に関する解説、青少年平和交流派遣団報告会、合唱)=11月1日〜30日
▽研修会の開催(明治大学平和教育登戸研究所資料館)=1月25日
▽非核都市宣言平和事業実行委員会の開催=4月19日〜3月27日

三鷹市(東京都)
▽憲法を記念する市民のつどい(講演、中学生による憲法前文等朗読、NHKスペシャルの上映、市民団体による展示コーナーなど)=5月13日
▽市民憲法講座=2月3日
▽みたか平和のつどい(平和祈念式典、平和アニメ上映会、平和図書コーナー設置)=8月15日
▽平和展(長崎原爆資料館写真パネル、平和と学びポスター)=8月8日〜15日
▽平和カレンダー(市内小学生から募集の「平和の絵」と市民からの「平和へのメッセージ」により作成・配布、「平和の絵展」応募作品の展示、「平和カレンダー」表彰式)
▽地球市民講座(講演)=10月15日
▽東京空襲資料展=3月6日〜16日
▽戦跡を訪ねるフィールドワーク講座=3月18日
▽戦争体験談の記録・保存
▽みたかデジタル平和資料館(市ホームページ特設サイト)による平和事業の発信

青梅市(東京都)
▽ヒロシマ・ナガサキ原爆展=7月31日〜8月16日
▽青梅・羽村ピースメッセンジャー=8月4日〜6日(広島派遣)、8月21日(報告会・ワークショップ)
▽黙とうの呼びかけ=8月6日、9日(広島・長崎原爆の日)、8月15日(終戦記念日)、3月10日(東京都平和の日)
▽平和アニメ・記録映像上映会=8月7日〜8日
▽林典子写真展〜ヤスディの祈り〜=12月7日〜12日
▽平和の集い「林典子平和講演会」(世界連邦運動協会青梅支部と共催)=12月9日
▽自治体職員1人100円募金=2月14日〜28日
▽東京の空襲資料展=3月5日〜14日
▽原爆パネルの貸出=通年

小金井市(東京都)
▽非核平和映画会=8月2日
▽原爆写真パネル展=7月12日〜8月15日
▽横断幕の掲出=7月12日〜8月15日
▽原爆死没者への黙とう=8月6日、9日
▽平和行事参加の旅=8月5日〜6日
▽平和講演会=10月4日
▽小金井平和の日制定記念行事=3月10日
▽自治体職員1人100円募金=2月13日〜23日

福生市(東京都)
▽平和のつどい=8月13日
▽平和のための戦争資料展=7月15日〜9月18日
▽市民が語る平和・パネル展=8月20日(講座)、7月29日〜8月20日(パネル展)
▽平和講演=8月15日
▽白梅平和映画会=8月17日
▽黙とうの呼びかけ=8月15日

羽村市(東京都)
▽平和の企画展(写真パネル・実物資料・図書資料の展示、戦争体験語り、本の朗読会)=8月4日〜20日
▽東京の空襲資料展(写真パネル・実物資料・図書資料の展示)※青梅市と共同開催=3月3日〜14日
▽平和の黙とう=8月15日(終戦記念日)、3月10日(東京都平和の日)
▽広島平和啓発施設見学会(平和記念式典への参列、広島平和記念資料館及び慰霊碑等の見学、ピースワークショップの開催、派遣報告会(8月20日)の開催) ※青梅市と共同開催=8月4日〜6日
▽自治体職員1人100円募金=2月1日〜16日

瑞穂町(東京都)
▽戦没者慰霊祭平和パネル展(戦中・終戦直後の写真を展示)=11月20日
▽平和のメッセージ=7月12日〜9月29日(募集)、3月8日(表彰式)
▽平和のパネル展(東京大空襲等、戦中・終戦直後の写真や戦災品を展示)=2月22日〜3月14日
▽黙とう=8月15日(終戦記念日)、3月10日(東京都平和の日)
▽アンネのバラの管理・啓発(平成18年に広島県ホロコースト記念館から譲り受け)=通年
▽被爆桜・被爆柿の木二世等の管理・啓発=通年
▽平和の語り部(学校の授業で戦争経験者の経験や思いを聞く)=9月20日、10月31日
▽温故知新の会「平和へのメッセージ」=8月13日

輪島市(石川県)
▽2017年原水爆禁止国民平和大行進、原水爆禁止世界大会への対応=6月11日
▽原爆被爆絵画展=7月31日〜8月6日(市内中学校)、8月8日〜16日(文化会館)
▽平和集会や平和に関する教育を実施(講和、紙芝居、俳句づくり等)=8月6日または9日
▽ヒバクシャ国際署名の取り組み=通年

内難町(石川県)
▽被爆者援護・連帯募金=5月下旬
▽「原爆と人間」パネル展示=6月6日〜19日
▽2017年原水爆禁止国民平和大行進への対応=6月16日

小諸市(長野県)
▽黙とうの呼びかけ=8月15日
▽小諸市戦没者及び満州開拓犠牲者追悼式=10月6日
▽自治体職員1人100円募金=2月5日〜19日

焼津市(静岡県)
▽第33回6.30市民集会(核兵器廃絶と恒久平和を祈る市民集会)=6月30日
▽第2回焼津平和文化賞(平和を表現する作品を募集・表彰)=7月3日〜2月3日
▽中学生平和使節団派遣事業(長崎市)=8月5日〜6日
▽戦没者追悼式・平和祈念式典=8月15日
▽自治体職員1人100円募金=2月6日〜3月16日

福知山市(京都府)
▽親子記者事業参加者募集の広報=4月
▽ミニミニ原爆展(広島・長崎の被災状況の写真、平和市長会議ポスター、「長崎平和学習の旅」の成果物などの展示)=8月2日〜25日
▽広島平和行動(中学生が被爆地広島における現地学習へ参加)=8月5日〜7日
▽長崎平和学習の旅(高校生が被爆地長崎において平和事業や平和学習に参加)=8月8日〜10日
▽沖縄人権文化体験研修(高校生が日本最大の地上戦が行われた沖縄を訪問)=12月23日〜25日
▽戦没者追悼式=10月19日
▽市広報誌に上記活動の報告記事を掲載=11月16日
▽自治体職員1人100円募金=2月14日〜3月7日
▽弾道ミサイル発射及び核実験に対する抗議文の送付=通年
▽「核兵器全面禁止のアピール」国際署名=通年

舞鶴市(京都府)
▽引揚記念館全国巡回展=10月23日〜29日(函館展)、11月23日〜28日(福岡展)、3月20日〜25日(田辺展)
▽抑留関連施設の調査及び連携事業(ウズベキスタン)=11月7日〜11日
▽海外の研究者や博物館関係者等への情報発信事業=通年
▽海外引き揚げ72周年「平和祈念式典」の開催=10月7日
▽引き揚げの史実や平和への願いを発信=こどもの日、七夕、8月11日
▽引き揚げ関連の収蔵資料や絵画による「企画展」の実施=通年
▽引揚記念館学芸員による出張講座=通年
▽平和学習・教育旅行の受入れ(引揚記念館)=通年
▽弾道ミサイル発射に対する抗議文の送付=通年
▽黙とうの実施=8月4日(広島原爆投下)、8月9日(長崎原爆投下)、8月15日(終戦記念日)
▽戦没者追悼式=11月25日
▽自治体職員1人100円募金=2月〜3月

綾部市(京都府)
▽世界連邦推進綾部市小・中学生ポスター・作文コンクール作品募集=7月〜9月
▽原爆ポスター展(平和首長会議提供のポスター展示、「核兵器禁止条約」要請署名)=8月2日〜16日
▽広島・長崎原爆の日、終戦の日に黙とう呼び掛け(FM放送等)
▽綾部市民平和祈願の集い(世界連邦旗等掲揚、平和の鐘に合わせ黙とう、合唱等)=8月15日
▽地球市民の集い(ポスター・作文コンクール表彰式、あやべ平和音楽祭など)=10月9日
▽戦没者追悼式=10月19日
▽市民学習会(京都学園大学講師・矢野裕巳氏による講演)=2月12日
▽平和施設見学会(アンネのバラの教会:兵庫県西宮市)=3月29日
▽北朝鮮による弾道ミサイル発射等に対する抗議文の送付=通年
▽自治体職員1人100円募金=1月〜3月

宇治市(京都府)
▽小・中学生平和訪問団長崎派遣(長崎平和公園・長崎原爆資料館の見学。平和祈念式典への参列。平和公園では千羽鶴の奉納。)=8月8日〜9日
▽「平和☆ひゅうまん夏フェスタ」(上記小・中学生平和訪問団員による長崎訪問の報告、映画上映、小・中学生から募集した「平和の絵」等の展示、「平和のお話会」、戦争遺品展の開催)=8月23日
▽戦争遺品展「戦時下の暮らし」(寄贈された戦争遺品を含む子供向け雑誌や軍服等を展示)=7月15日〜9月10日
▽「平和の絵」展(市内小・中学生から募集)=8月1日〜23日
▽平和図書展(「読んで知る戦争と平和」をテーマに戦争と平和に関する図書を展示及び貸出)=8月1日〜20日
▽第55回宇治市民平和祈念集会(平和の像への献花、訪問団員の代表者による「核兵器廃絶平和都市宣言」の朗読、黙とう)=8月15日
▽平和ロビーコンサート(市役所市民交流ロビーにおいて、ピアノ・クラリネット・サックスのトリオによるコンサートを開催)=8月15日
▽小・中学校への平和図書等の寄贈(市立小・中学校全32校に寄贈)
▽平和啓発DVDの購入及び貸出
▽平和関連書籍の寄贈(市中央図書館に平和関連図書41冊を寄贈)
▽宇治市戦争体験アーカイブ第2巻の作成(シベリア抑留の体験談を収録し、市Youtubeチャンネルに動画を掲載)

亀岡市(京都府)
▽平和のコスモス園事業(コスモスを平和のシンボルとして市内中学生が農地などに種をまき、平和をPR)=7月上旬(種まき)〜9月上旬(開花)
▽“ヒロシマ”に学ぶ親子平和の旅(市内中学生が被爆体験談を受講、折り鶴を原爆の子の像に捧げるなど)=8月22日
▽平和祈念式典=8月7日
▽ヒューマンフェスタにおける平和のパネル展示=11月19日
▽亀岡の平和の歌「うつくしもの」を通した平和の発信=通年
▽戦争平和展(戦災資料や遺品の実物、写真パネル)=8月1日〜8月31日
▽保津川花火大会(平和祈念式典で太陽光から採火した「平和のともしび」を花火大会の種火として使用)=8月7日

神戸市(兵庫県)
▽黙とうの呼びかけ=8月15日
▽戦災関連資料展(写真パネル・実物資料、DVD放映等)=8月8日〜13日
▽横断幕の掲示「世界の人々とともに恒久平和の実現を」=8月1日〜15日

和歌山市(和歌山県)
▽広島平和バス(広島平和記念式典へ参列、被爆体験者の講和、広島平和資料館などの見学)=8月5日〜6日
▽黙とうの呼びかけ=8月4日、9日
▽家族で平和を考える親子映画会(子供向けのDVD上映)=8月20日
▽原爆写真展=10月20日〜30日

高野町(和歌山県)
▽世界連邦平和宣言記念碑の建立=5月10日〜
▽反核平和マラソンへの対応=5月13日
▽2017年原水爆禁止国民平和大行進への賛同と支援=6月2日
▽黙とうの呼びかけ=8月6日、14日、15日
▽核兵器廃絶への国際署名=9月7日
▽自治体職員1人100円募金=1月〜3月

岡山県
▽世界連邦岡山県協議会県大会(県内世界連邦関係3団体と連携、外務省21世紀東アジア青少年大交流計画対日理解促進交流プログラム参加高校生による研究発表)=7月
▽世界連邦岡山県協議会児童生徒ポスター・作文コンクール(入賞作品等の展示・表彰、3団体連携)=11月
▽自治体職員1人100円募金=2月〜3月

岡山市(岡山県)
▽戦没者追悼式=6月29日
▽第40回岡山戦災の記録と写真展(戦災資料200点、写真パネル100点、戦災体験談約20点の展示及び講演会)=6月16日〜7月2日
▽第25回原爆平和展(展示パネル30点、核兵器廃絶国際署名ほか)=8月19日〜27日
▽市庁舎内放送による黙とうの呼びかけ=6月29日、8月4日、9日、15日
▽懸垂幕の掲出=6月1日〜30日(岡山市平和の日)、7月1日〜8月18日(岡山市平和都市宣言)
▽岡山空襲に関する資料等の展示及び戦災資料の収集調査等=通年
▽自治体職員1人100円募金=2月6日〜3月7日

笠岡市(岡山県)
▽戦没者追悼式=6月10日
▽原爆・平和関係パネル展示=7月20日〜8月10日
▽平和学習バス運行(広島平和記念公園、原爆慰霊碑献花、被爆体験講話、広島平和記念資料館見学、広島平和記念公園めぐり)=7月23日
▽2017年原水爆禁止国民平和大行進への対応=7月25日〜26日
▽第30回笠岡市平和祭(笠岡市人権教育講演会と同時開催、平和学習発表、朗読劇など)=7月28日
▽小・中学生の平和メッセージ、学校等が作成した折り鶴等の展示=7月28日
▽2017東京〜広島平和行進への対応=7月28日
▽第17回原爆死没者鎮魂式ならびに平和祈念のつどい=8月6日
▽ピースラン2017=8月6日、19日〜20日
▽黙とうの呼びかけ=8月
▽自治体職員1人100円募金=1月〜3月

瀬戸内市(岡山県)
▽2017年原水爆禁止国民平和大行進への対応=7月17日
▽黙とうの呼びかけ=8月15日
▽戦没者追悼式=11月10日
▽自治体職員1人100円募金=3月1日〜20日

松山市(愛媛県)
▽平和資料展(戦争の遺品、松山の戦中戦後や広島・長崎の原爆写真パネルを展示)=7月10日〜14日(プレイベント)、21日〜27日(本開催)
▽松山市戦争犠牲者平和祈念追悼式=7月26日
▽平和の語り部(学校の授業で戦争経験者の体験を聞き平和の大切さを学ぶ)=通年

新居浜市(愛媛県)
▽2017年原水爆禁止国民平和大行進への対応=5月22日
▽原爆パネル展公民館・市役所ロビー巡回展=7月31日〜8月25日
▽市政だよりでの広報(市の平和の取組について)=8月
▽第28回愛媛県反核・平和の火リレーへの対応=8月1日
▽平和祈念の黙とう=8月9日、15日
▽自治体職員1人100円募金=1月31〜2月28日

高知市(高知県)
▽高知市平和の日(常設展示、映画上映会、フィールドワーク、「平和への思い」作品展示、講演会等)=8月6日〜15日
▽高知市平和祈念式=7月4日
▽黙とうへの呼びかけ=8月6日、9日、15日

  • 概要
  • 歴史
  • 活動
  • 会員
  • リンク
  • お知らせ

世界連邦のマークは地球を表したもので、世界的に結ばれているという意味で二重丸に緯度と経度を示す十字を組み合わせ、周囲の英文で「世界法による世界平和」を唱えています。